最新ドッグフード!

愛犬の食物アレルギーに注意しよう!


愛犬を飼う際に気を付けないといけないのが「アレルギー」です。

ワンちゃんにも、いろんなアレルギーがあります。

その中でも、「食物アレルギー」は要注意です!

今回は、犬の食物アレルギーについて調べてみました。




食物アレルゲン

ワンちゃんで、気を付けないといけないアレルゲンは、

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 乳製品
  • 小麦
  • スパイス
  • 添加物

などと言われています。
その他に、環境やストレス、遺伝など様々ですが食べ物のアレルゲンは
ドッグフードの選択によってある程度は回避できます。

 

アレルギーの症状

ワンちゃんのアレルギーの症状としては、

  • 体をかゆがる
  • フケが出る
  • 抜け毛が多い
  • 長引く下痢や嘔吐
  • 顔や耳・目や口周りの皮膚の炎症
  • 目の充血

と言って症状が多いといわれています。

多いのは「かゆみ」です。抜け毛なども多いですね。

ワンちゃんは、かゆい部分を掻いたり噛んだりしますので、
悪化する前の対策が重要です。

アレルギーの症状が出れば、まずは獣医師に相談しましょう。

食物アレルギーの疑いがあれば、ドッグフードを変えることで
改善できるかもしれません。

 

ドッグフードを選ぶポイントは?

では、食物アレルギーのワンちゃんに与えるドッグフードの
選ぶポイントはどんなとこでしょう?

1.グレインフリー(穀類不使用)

まずは、穀物不使用のグレインフリーフードを選びます。
とうもろこしや小麦は、ワンちゃんがアレルギーを引き起こしやすい
食材としても有名です。

ワンちゃんにとって、穀物は消化が困難なので、胃腸に負担をかけてしまうんですね。
まずは、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードを選びましょう。

2.お肉の種類を確認

いくらグレインフリーでも、どんなお肉を使っているかがわからないとNGです。
4Dミートなど死んだ肉などもっての他です。「~ミール」などもやめましょう。

まずは、しっかり「鶏肉」などと表記しているフードを選んでくださいね。

 

3.無添加

ドッグフードに含まれる酸化防止剤や着色料など、必要でない添加物が原因で、
アレルギーを引き起こす事があります。
中には、BHAやBHTなどの危険な添加物が入っているものも!!
無添加のフードを選びましょう。

 

おすすめのドッグフードはこちら!

 


PAGE TOP