ワンちゃんが仮病を使うって本当?


DSC_0002

ワンちゃんが仮病を使う?

そんな事ってあるんでしょうか?

今回はそんなワンちゃんの仮病について調べてみました。

 

ワンちゃんが仮病を使う理由

何か今日は元気ないな~?

どうしたんだろう?そう思いながら大好きなフードを

上げるんですがあまり食べない。

「どうしたんだろう。風邪でも引いたかな?」

そう思って観察していても、咳をするわけでもないし熱もない。

でも、なんかしんどそうにしてるんで心配になって

いつもの動物病院へ行ってみました。

その診断の結果は「特に異常ないよ」とのこと。

先生に問題がないと言われたんで、ちょっと安心。

で帰ってみると、やっぱりしんどそう。

でも、実はこれ、仮病かもしれないんです!!

先生によると、ワンちゃんも猫ちゃんも仮病を使うそうです。

では、なぜ仮病を使ってしまうんでしょう?

それは、以前の経験によるんだそうです。

昔、ワンちゃんが体調を崩したりしケガをした際に、心配で

一生懸命看病してあげませんでしたか?

それをワンちゃんは覚えています。

通常は、そこまでかまってあげれてないのかもしれません。

そうすると、ワンちゃんは、

「体調が悪くなれば、飼い主が相手してくれるんだ」

と甘えてしまうんですね。だから相手して欲しいときについつい

仮病を使って気を引こうとしてしまうんだそうです。

ホント、ワンちゃんって賢いな~て思います。

こんな時、どうしてあげればいいか?

私は、相手をしてあげます。

良く、甘えさせてはいけない!とか書いてある物もありますが、

それはどうなのかな?って思います。

結局は、こっちの都合で相手してあげれないからワンちゃんは

寂しいのに、甘えだとか都合の良いように解釈しているだけですもんね。

 

だから、私は愛犬が仮病を使っていた時、しっかり可愛がって

あげました。というより、スキンシップをとったりして相手をしてあげました。

自分もちゃんと面倒を見てあげれてなかったなと反省しました。

すると、安心したのかそれ以降は、仮病を使うことはなくなりました。

こちらの都合だけで相手をしたりしなかったりするのではなく、

きちんとワンちゃんに接してあげることって大事ですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*