危険なドッグフードの簡単な見分け方

Pocket

dokuro

ドッグフードは、ピンからキリまであります。

安いだけのフードから高級すぎるフードまで。

私も、ドッグフードを探すのが一番大変でした。

 

フードを替えた翌朝から、愛犬の調子が悪くなるなんてのは

一度や二度ではなかったです・・・

 

今回は、危険なドッグフードを手にしない方法

紹介してみようと思います!

 

 

ドッグフードの内容を確認しよう!

まずは、ドッグフードの中身を確認しましょう。

フードの袋の裏面などに書いてある原材料に注目!

 

まずは下記項目をチェックです!

  • 化学添加物質が入っている
  • 肉類に粉や副産物が使われてる
  • 穀物野菜類にビートパルプや脱脂大豆などが使われてる
  • ビタミン・ミネラル類が大量に入っている

 

これらの項目に当てはまるようなフードであれば、

まずは避けましょう!

 

これだけでも、粗悪フードのの魔の手からは

結構逃げることができます。

 

あと、気にした方が良いのが、

ドッグフードの梱包状態です。

 

ドッグフードが紙袋で包装されているものは私は使いません。

 

紙袋は空気を通すんです。

ドッグフードは空気に触れると酸化していきます。

 

時間が経てばカビが生えたり腐ったりします。

 

するはずなんです。でも、紙袋のフードでも全然、カビが生えたり

しないものが多いんです。

 

なんでだと思います?

 

これは、添加物が入ってるからなんです!!

防腐剤や酸化防止剤などなど。

 

オススメは、ビニール袋に入っていたり、袋にチャックが

付いていたりするフードです。

 

こんなとこにも目安があるんですね。

 

半生フードは選ばない

個人的に、半生タイプのドッグフードは選ばないようにしています。

 

半生タイプのドッグフードは水分量が多いんです。

と言うことは、カビが生えやすいともいえます。

 

そうならないように、カビ防止の防カビ剤等の添加物や

水分保持のために湿潤調整剤などが使用されてることが多いです。

 

そういう理由で、私は半生フードは使っていません。

 

まとめ

上記に記した内容だけでも、危険なドッグフードを排除できます。

 

できるだけ安全なフードを上げて、愛犬の健康管理をしてあげてくださいね!

 

私のオススメフードはこちら