最新ドッグフード!

ドッグフードの着色料

Pocket

ドッグフードには色がついていて

色彩色豊かな製品もあります。

なんとなく、美味しそうに思いますがちょっと待って!!

ドッグフードの色について紹介します。

ドッグフードの着色料の意味

ワンちゃんは、カラフルなドッグフードを見て

喜んで食べるんでしょうか?

犬は、見た目で食べ物を楽しむことが

できる動物ではありません。

その色で判別しているのは人です。

 

着色されたフードを食べるようになったのも最近のこと。

安価なドッグフードは、添加物が非常に使われています。

色がついているということは、着色料などの添加物

添加されているということ。

必要ない物であることは確かですね。

 

必要ない物はあげない

ドッグフードは、できるだけ添加物の少ない物を

上げるようにしてください。

赤・緑・茶色・白は気を付けてくださいね。

ドッグフードは約126℃以上の高温で加工されます。

加工直後のドッグフードは全て赤茶色になります。

それなのに、綺麗な色がついているということは・・・・

人工的な着色料を使っているということになります。

 

では、なぜフードに着色するかと言うと・・・

実は、購入意欲を高めるためとも言われています。

怖いですよね。

ワンちゃんには必要ではないものを入れる。

やっぱり、安心安全なフードを選んであげないと

ダメってことになりますね。

 

ドッグフードが着色されているかいないかの見分け方

では、着色料不使用のフードの見分け方を紹介します。

本当にナチュラルなフードは、原材料のロット、

季節ごとの仕入先によって時々色が変わるんです。

自然の中で作られた原料ですから当然ですね。

ですから、

全ての粒がほぼ同じ色のフードはやめておきましょう。

有害な成分が入ったものを食べさせてしまって、

犬が病気になるということも多いようです。

見た目に惑わされずに、安心で安全なドッグフードを

選ぶ力を養いましょう!

 

無添加の安全フードはこちら

 




PAGE TOP