「中国産」ドッグフードは危険なのか?


IMG_0832 (2)

「中国産」のドッグフード。

最近では、中国産と聞くとあまり良い印象をもつことがなくなってしまいました。

全ての中国産が悪いわけではないと思うのですが、

一度悪いイメージがつくとなかなか手が出せません。

しかも、食べる物になればなおさらです。

ペットフードでも中国産のものでイロイロと問題が出ています。

今回は、そんな、中国産のフードについて紹介します。

中国産ドッグフード事件

2014年の5月16日、米食品医薬品局(FDA)が、中国産原材料を使用した

ドッグフードが原因と見られる犬の健康被害事例を発表。

その、発表によれば、2007年から現在までで、

健康被害が確認されたケースが、なんと!約5600匹

そのうち1000匹以上が死亡したと見られている。

原因としては、胃腸疾患や腎不全による下痢や

嘔吐の症状が確認されたと言われています。

 

また、アメリカ産ドッグフードでペットの大量死事件がありました。

これは、アメリカ産ドッグフードに使われていた中国産の原材料の

小麦グルテンにメラミンが混入されていたことが原因だったのです。

 

原材料に危険物を混ぜられてしまっては、どうすることもできません。

これを聞くと、安心して中国産は使えないという印象になります。

 

私自身は、愛犬にはできるだけ安全なフードを上げたいと思っているので

原材料などをしっかり見て、ワンちゃんに優しいフードを上げるようにしています。

中国産ジャーキーなんて絶対上げません。

愛犬の健康の為にも、見極めてあげるようにしませんか?

 

おすすめのドッグフードはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*